ハッシーの中央競馬新馬セレクション(1/11京都・1/9京都) – リアルライブ

「浜中俊」をテレビで話していたので気になってしょうがない。

ちょっと調べてみたらこんな記事があった。

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(1/11京都・1/9京都) – リアルライブ

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(1/11京都・1/9京都)
リアルライブ
今週デビューの注目馬は、1月11日(月)京都第6R芝1600m戦に出走予定のシュネルギア。馬名の由来は「共働、協調(ギリシャ語)。父名、母名より連想」。牝、鹿毛、2013年2月16日生。栗東・平田修厩舎。父ワークフォース、母リーチコンセンサス、母父フレンチデピュティ。

記事引用元
ハッシーの中央競馬新馬セレクション(1/11京都・1/9京都) – リアルライブ

歴代3位の若さで最多勝 JRA騎手・浜中俊(上) – 日本経済新聞


日本経済新聞

歴代3位の若さで最多勝 JRA騎手・浜中俊(上)
日本経済新聞
選手寿命の長い騎手界ではトップジョッキーの年齢層も高い。武豊、内田博幸、横山典弘、福永祐一と、2008~11年までの最多勝騎手は30代半ばから40代。経験や技術がものをいう面も多々あり、若手の台頭は難しい。そんななか、12年、20代前半の最多勝騎手が誕生した。

and more »

記事引用元
歴代3位の若さで最多勝 JRA騎手・浜中俊(上) – 日本経済新聞

まだ「浜中俊」はわからないことだらけ。

また報告するね。

バイバイ