魚が感染源の「シガテラ中毒」で温度の感覚がめちゃくちゃに。海外旅行で食べてはいけない魚とは – livedoor

「シガテラ毒」がさっきから気になっているんだよね。

ちょっと調べてみたらこんなニュースがあった。

魚が感染源の「シガテラ中毒」で温度の感覚がめちゃくちゃに。海外旅行で食べてはいけない魚とは – livedoor

魚が感染源の「シガテラ中毒」で温度の感覚がめちゃくちゃに。海外旅行で食べてはいけない魚とは
livedoor
この症状は「シガテラ中毒」と呼ばれ、魚に含まれる毒素が神経細胞に小さな穴をあけてしまうことで起こります。 当時この事件が発表された『Clinical Toxicology』によると、恐ろしいのはこれだけではありません。魚を食べなかったはずの彼らの妻たちが、数日後から陰部に …

記事引用元
魚が感染源の「シガテラ中毒」で温度の感覚がめちゃくちゃに。海外旅行で食べてはいけない魚とは – livedoor

東北大、ポリ環状エーテルの人工類縁体を合成してAβの減少に成功 – マイナビニュース

東北大、ポリ環状エーテルの人工類縁体を合成してAβの減少に成功
マイナビニュース
ガンビエロールはマウス致死毒性成分で、珊瑚礁海域で年間約2~5万人の中毒患者が発生する食中毒「シガテラ」に関与する神経毒であることが示唆されていた(有毒成分が食物連鎖を通じて魚介類に蓄積し、それらを摂取すると、消化器系及び神経系の中毒症状が現れる)。

記事引用元
東北大、ポリ環状エーテルの人工類縁体を合成してAβの減少に成功 – マイナビニュース

まだ「シガテラ毒」はわからないことだらけ。

また報告するね。

バイバイ